ペットホテル

当院を受診されたことがない方は原則、1度ご来院していただき健康状態をチェックさせていただくようお願い致します。
1年以内に混合ワクチン接種および、狂犬病予防接種、有効期間内のノミ予防をされている方のみホテルの利用が可能となっております。
お食事、お散歩などご要望がございましたらご相談ください。
ワンちゃん、ネコちゃんの性格、性質によっては急な環境の変化により体調崩す場合、攻撃的になる場合がございます。不安なことなどがありましたらお預かりする前にご相談ください。
また状況(健康状態・過度のストレスが予想されるなど)によってはお断りさせていただく場合もございます。

ペットホテル料金表

種類 1泊
¥2,500
小型犬(〜10kgまで) ¥3,000
中型犬(10〜20kgまで) ¥4,000
大型犬(20〜30kgまで) ¥5,000
大型犬(30kg〜) ¥7,000
ペットの一時預かりも承っております。動物の種類・サイズに関わらず料金は同額となります。
〜3H 〜6H 〜9H
¥500 ¥800 ¥1,000

※一時預かりは当院で1年以内に混合ワクチンを接種されている方のみのサービスとなります。
※上記料金は税別価格です。

動物取扱業登録(保管)
桑管 第25−1号
動物取扱責任者 山本 桂太郎

トリミング

わんにゃんドック

「わんにゃんドック」とは「わんちゃん、ねこちゃんたちの健康診断」のことです。言葉を話せない動物にとっては、定期的に健康診断を行うことがとても重要で、病気の早期発見や予防につながります。
けい動物クリニックの健康診断では、ご家族である、わんちゃん、ねこちゃんそれぞれのライフステージに合わせた健康管理をご提案し、いくつかの項目よりお選びいただけます。
通常ですと9才までは年1回、10才からは半年に1回の「わんにゃんドック」の受診をお勧めします。

わんにゃんドックのよくある質問

1歳でも受けたほうがいいの?
まだまだ子供と思っていても、わんちゃんねこちゃんは1才でほぼ大人になります(ヒトの15才~20才)1年という短い間で急成長するので、体の内外ともに大きな変化が起こるものです。 「元気だし、若いし、必要ないのでは?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、健康時の検査データーを知ることは、いざ病気になった時の目安となり、実はとても重要なのです。 また、先天的な疾患の発見にもつながり日常生活で注意することもできるのです。(先天的疾患例:心臓疾患、関節疾患など)
毎年受けたほうがいいの?
言葉を話せないわんちゃん・ねこちゃんにとって、年1回の健康診断はとても大切なのです。 元気や食欲があっても、気付かないうちに病気が進行していることもあります。 ヒトの4~5倍のスピードで歳をとるわんちゃん・ねこちゃんにとっては、毎年欠かさずわんにゃんドックを受けることが重要なのです。
なぜ、10歳からは検査が半年に1回なの?
10歳を越えたわんちゃん・ねこちゃんの体は外見上あまり変化が見られなくても、確実に老いが始まっています。もちろんシニアでも元気いっぱいの子はたくさんいます。 でも、最近寝てばかりとか食が細くなったなど心当たりはありませんか?高齢のせいなのか病気がかくれているのかはわんにゃんドックで分かります。 10歳を過ぎると、心臓病・腎臓病・関節疾患・白内障などの病気が多くみられるため、初期段階で発見して治療していくためにも半年毎の健診が必要になります。

コース内容、料金